【サッカー】<ウクライナ戦のスタメン予想>CFは杉本で確定!左ウイングは満を持して原口か 右ウイングはもしかすると本田ではなく…

1 :Egg ★:2018/03/27(火) 06:46:10.29 ID:CAP_USER9.net

予想フォーメーション

結果を求めるなら4バックは“ガチメンバー”
 
ウクライナ戦の前日会見でヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「結果を求める」と言っていた。
ならば、GKは経験豊富な川島永嗣で決まり。また4バックの最終ラインも“ガチメンバー”なら、右から酒井高徳、昌子源、槙野智章、長友佑都となる。
 
サイドバック組では、右膝を痛めている宇賀神友弥が前日練習で別メニュー。右足に不安を抱える遠藤航もスタメンは微妙だろう。
ただ、テストを重視した場合は森重真人と植田直通の両CBが、さらに左SBで車屋紳太郎が先発する可能性もあるが、
指揮官自身が「ワールドカップの出場がかかる試合という感じで戦う」とコメントしているだけに、“ガチメンバー”で臨みそうだ。
 
ボランチでは、マリ戦で左足を負傷した大島僚太が前日練習で別メニュー。陣形的にマリ戦と同じダブルボランチで戦うなら、長谷部誠と山口蛍がスタメンの有力候補だ。
前回の試合で途中出場だった山口は2試合続けてベンチスタートはないはずで、マリより格上と目されるウクライナに勝つには長谷部のバランス取りも不可欠だ。
 
中島翔哉のフル代表初ゴールをアシストした三竿健斗にもチャンスがないわけではないが、中盤でのボール捌きやポジショニングにおいて長谷部の領域にはまだまだ達していない。出番があるとしても途中からだろう。

トップ下はマリ戦で使われなかった柴崎岳が先発候補の最右翼。森岡亮太がマリ戦でそこまでアピールできなかっただけに、ここで活躍できればハリルホジッチ監督の信頼も掴めるはずだ。
ウクライナ戦の最大のポイントは“どうゴールをこじ開けるか”であり、トップ下のゲームメイクは見どころのひとつになる。
 
大迫勇也が内転筋を痛めているCFは、杉本健勇で決まりだろう。3月25日の囲み取材では、「途中出場と試合の頭から行くのは全然違うので、もし次にスタメンで出ることができたら、
イメージしていることはたくさんあるのでそれを表現したい」「次の試合しか考えていないし、そこでチームとしても勝たなあかん」とかなり気合が入っている。
 
なにより勝利が求められるウクライナ戦では、この杉本のパフォーマンスが試合の行方を左右する可能性はある。
大迫とはまた違った持ち味で決定的な仕事ができれば、自身初のワールドカップ出場に向けて大きな弾みとなるだろう。
 
左ウイングは満を持して原口元気か
 
左ウイングは、マリ戦でベンチを温めた原口元気で確定か。今冬に加入したデュッセルドルフで攻撃のイメージが良くなり、フィジカルコンディションも高まっているため、期待できる。左サイドでの激しい上下動がチームに躍動感をもたらすか、大いに見物だ。
劇的な同点ゴールで一躍ヒーローになった中島は先発こそ難しいかもしれないが、マリ戦に続いてチャンスを与えられるはずだ。持ち前のドリブルで相手DFを切り裂くかは注目ポイントのひとつである。
 
右ウイングは久保裕也、本田圭佑の争いだが、もしかすると宇佐美貴史が起用される可能性もある。本田が「マリ戦よりは時間的にチャンスをもらえるはず」とコメントしていたのでスタメンとしたが、正直、予想が難しい。
どんなスタメンで臨むにせよ、内容以上に求められるのは結果だ。ここで負けるようだと、選手もチームもネガティブな空気に呑み込まれてしまうだけに、貪欲に勝利を目指したい。

取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

3/27(火) 5:30配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180327-00037725-sdigestw-socc

【サッカー】<本田圭佑>右FWで先発濃厚!「基礎に戻るところ」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1522099485/

引用スレ:http://tekito.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1522100770/l50

“【サッカー】<ウクライナ戦のスタメン予想>CFは杉本で確定!左ウイングは満を持して原口か 右ウイングはもしかすると本田ではなく…” の続きを読む

【サッカー】長友、「南アW杯では2週間でヒーローになった」 批判に反論も「結果出してから言えや」と火に油?

1 :ばーど ★:2018/03/26(月) 14:33:51.64 ID:CAP_USER9.net

サッカー日本代表が苦しい。ロシア・ワールドカップ(W杯)を目前に控えながら、格下のマリ戦は消極的なプレーが多く、批判にさらされた。

だが、DF長友佑都(トルコ1部・ガラタサライ)は2018年3月25日、「2010年W杯前も同じように批判された。批判され続けた僕らは僅か2週間でヒーローになった」と、本大会直前まで低迷しながらベスト16進出を果たした10年南アフリカW杯を懐古。その再現を誓う言葉と見受けられるが、時期が時期だけに「ベスト16でヒーローと騒がれて満足してますか?」などと揶揄する声があがった。

■「みんな手のひらを返し、称賛した」

ベルギーで23日に行われた「仮想セネガル」のマリ戦は、攻撃の糸口をつかめず、DFラインとGKで無為にボール回しする時間も長かった。数少ないチャンスもシュート精度を欠いた。守備ではスルーパス1本で簡単に裏をつかれるなど安定さを欠き、前半に不用意なPKを献上して1点ビハインド。後半終了間際にFW中島翔哉(ポルトガル1部・ポルティモネンセ)の同点弾で1-1の引き分けに持ち込むのがやっとだった。

W杯まで残り3か月ながら不安がよぎったこの試合だが、長友は8年前を思い出して前向きだ。25日、ツイッターに

“「2010年W杯前も同じように批判された。批判され続けた僕らは僅か2週間でヒーローになった。みんな手のひらを返し、称賛した。ピンチはチャンス。厳しい状況で、一歩踏み出す勇気を持ったものだけがチャンスを掴む」と投稿している。

10年6月の南アW杯は、同年4月の親善試合・セルビア戦に0-3、5月の韓国戦に0-2と惨敗。さらに直前5月末のイングランド戦は1-2、6月初旬のコートジボワール戦は0-2と絶望的な結果のなかで本大会を迎えた。だが、グループリーグ初戦のカメルーン戦で1-0と勝利すると、オランダ戦は0-1で敗れるも、デンマーク戦で3-1と勝利し、大方の予想を覆して決勝トーナメント進出を果たした。

長友は当時を戦った数少ないメンバー。その再現を狙うような上記投稿には、

“「たぶん今舐められてますし情報も固まってないでしょうし ピンチはチャンスです」
「南アフリカの時もこんな状況だった。声だけでかいやつらが騒いで、本番ではリアリスティックに戦った。そして勝った。声だけでかいやつらは手のひらを返した」
「10年のようになること信じてるのでこの逆境を乗り越えて頑張ってください!」

といった応援メッセージが多数寄せられた。

だが一方で、マリ戦直後というタイミングのせいか、

“「ベスト16で賞賛される日本のレベルに失望するね。シュートも枠にはいらない、ましてやシュートも打たない」
「ベスト16でヒーローと騒がれて満足してますか?」
「あの結果でヒーローは勘違いすぎいいい」
「それはいちいちツイートすることじゃないだろ。結果出してから言えや」

と、逆に怒りの火に油を注ぐような形にもなっている。

■「ハリルのサッカーはピンチをチャンスに出来ますか?」

中には、

“「南アの時はさ、起死回生の本田トップが、たまたま当たっただけだから…」

との指摘もある。

南アW杯では、当時の岡田武史監督が大会直前に大胆な戦術変更を決断した。その象徴が、得点力に秀でるFW本田圭佑の1トップ起用。さらに、DFラインと2ボランチの間にアンカーとしてMF阿部勇樹を置くなどし、自陣深くで守ってからのカウンターサッカーへと舵を取った。初めて実戦で試したのは上述したイングランド戦だったが、そのわずか2週間後の本大会で見事にハマった。

傍からみれば「大博打」に勝ったような展開だ。これが再びできるかは疑問に思ったユーザーもいたようで、長友には「ハリルのサッカーはピンチをチャンスに出来ますか?」と尋ねる声もある。

そうしたなか、長友は26日未明にツイッターを更新し、

“「勘違いしてほしくないのは、周りからヒーローのように称賛されたということ。自分自身、結果に満足してないし、だからこそW杯で勝つために、自分のエネルギー全てを注いでいる」

と、反発の声に釈明するような投稿をしている。

2018/3/26 13:12
J−CASTニュース
https://www.j-cast.com/2018/03/26324505.html?p=all

引用スレ:http://tekito.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1522042431/l50

“【サッカー】長友、「南アW杯では2週間でヒーローになった」 批判に反論も「結果出してから言えや」と火に油?” の続きを読む

【サッカー】<日本代表>強豪国に近いクオリティを出せるのはポゼッション時。堅守速攻型では限界..デュエルがネック

1 :Egg ★:2018/03/23(金) 08:00:39.53 ID:CAP_USER9.net

1対1(ツバイカンプフ)からモダンな組織サッカーへの意識改革を進めるドイツとは対照的に、日本ではハリルホジッチ監督の下でデュエル(1対1のボールの奪い合い)の重要性が叫ばれている。

「ない」を「ある」にする挑戦の先に何が待っているのか?

文 西部謙司

 昨年10月のニュージーランド、ハイチとの強化試合へ向けての代表メンバー発表の席で、ハリルホジッチ監督は「デュエルが重要」というかねてからの持論を展開した。

CLのパリSG対バイエルンのスタッツを引用し、この試合に快勝したPSGがボールポゼッション、パス数、シュート数で軒並み劣っていたにもかかわらず、唯一デュエルで上回っていたことを強調していた。

ただ、あのプレゼンでは誤解を招くかもしれない。

ハリルホジッチ監督は「ボールポゼッションだけなら何の意味もない」と話している。これは正論であり、ポゼッション率が高ければ自然に点が入るわけではないし、試合に勝てるとは限らない。

同様にデュエルも勝敗に直結しない。都合のいい1試合を引用してデュエル勝率が勝敗に直結する印象を与えているが、もっとサンプルを広げた場合、デュエル勝率の高さは必ずしも勝敗に直結していないはずだ。

 デュエルはサッカーを構成する一つの要素に過ぎない。とはいえ、今の日本代表にとってデュエルが重要なのは間違いない。

ハリルホッジッチ監督は中盤にデュエルに強いタイプを並べる傾向にある。攻撃ではスペースがあるうちに早く縦に仕掛けていく、さらに守備時にはブロックに加わるので、3トップの両翼にはスピードと運動量のある選手を配置している。

要は堅守速攻型なので、ボールを奪うデュエルの強さ、速攻での1対1での突破力、さらに1トップがDFを背負ってキープする能力が不可欠なのだ。

デュエルが戦い方のベースになっていて、それに勝つことが勝利に繋がりやすいと言える。

 Jリーグはヨーロッパのリーグと比べると、デュエルそのものが少ないし強度もない。ハリルホジッチ監督はその点も気になっているに違いない。夏場に試合を行うので、インテンシティの低い試合も多い。デュエル強化は日本サッカーの課題の1つであることは確かだ。

つづく

3/22(木) 19:05配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180322-00010002-fballista-socc&p=1

写真

2018/03/22(木) 21:03:42.50
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1521720222/

【サッカー】<日本代表ハリル監督の思いがけない忠告>「W杯で幻想的な夢を抱かないようにしたい」
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1521753258/

引用スレ:http://tekito.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1521759639/l50

“【サッカー】<日本代表>強豪国に近いクオリティを出せるのはポゼッション時。堅守速攻型では限界..デュエルがネック” の続きを読む

【サッカー】<内田篤人が持つ、日本代表に欠けている要素>国際舞台で気負うことなく平常心でひょうひょうとプレー

1 :Egg ★:2018/03/08(木) 00:07:09.02 ID:CAP_USER9.net

Jリーグが開幕して2週が経過した。こちらがあるメディアで降格候補と予想したサンフレッチェ広島が2連勝。かと思えば、昨季13位から6位にジャンプアップしたその反動はないだろうと予想したジュビロ磐田が2連敗したり、予想屋(?)泣かせの事象も起きている。

 しかしこれはトーナメント戦ではない。長丁場のリーグ戦。探るべきは、いまから32試合後に笑うチームだ。

 ひとつの物差しとなるのは、試合後半の戦い方だ。サッカーは時間の経過とともにオープンな展開になる。中盤が間延びし、撃ち合いになる。レベルの低い試合ほど、早い時間からそうなる。
 
 その原因を作ったチームが勝利を収めれば、それは偶然の産物だ。次戦以降はあまり期待が持てないという話になる。

 Jリーグで最後まで崩れにくいチーム、中盤が間延びしにくいチームはどこか。昨年同様、鹿島は、開幕第2週対ガンバ大阪戦でも、終盤に行けば行くほど締まった戦いをした。決勝ゴールが生まれたのは後半33分。野球で言えば、8回の裏に1点取って逃げ切るパターンだが、これこそが鹿島が得意とする勝ち方だ。終盤まで0-0で推移すれば、試合は鹿島のもの。そうしたムードが出来上がっている。

 サッカーそのものの質に加えて特筆すべきは、交代選手のレベルが高いことだ。交代選手が試合を締める。レベルの維持に貢献している印象だ。理由は分かりやすい。選手の層が厚いからだ。ベンチに座るメンバーを、すべてピッチに送り出してもプレーのレベルは低下しそうにない。総合力が高いのだ。

 その点で鹿島は川崎Fを上回る。そのうえ今季のJリーグは、6月から7月にかけておよそ1ヶ月半中断される。ロシアW杯のために。よって日程はとてもタイトだ。週に2試合こなすこともザラだ。それにアジアチャンピオンズリーグ(ACL)や、国内のカップ戦が加われば、モノを言うのは選手層になる。シーズン前に鹿島を優勝候補に推したそれこそが一番の理由である。

 今季、鹿島に加入した一番の大物は、他ならぬ内田篤人だ。開幕第1戦の清水戦(アウェー)では、さっそく先発を飾り、鹿島ファンのみならず出身高校(清水東)がある清水のファンも喜ばせた。

 しかし、内田はフルタイム出場しなかった。後半39分、ペドロ・ジュニオールと交代でベンチに下がった。その時スコアは0−0。格上の鹿島としては、アウェーとはいえ、是が非でも1点が欲しい状況だった。

 サイドバックを下げフォワードを投入する、試合終盤におけるこの交代。一般的には納得できる順当な交代だが、内田に対して少なからず懐疑的な目を向けたくなるこちらには、少々気になる交代でもあった。

 翌、第2週、ホームでガンバ大阪と対戦した鹿島のスタメンに、内田の名前はなかった。筋肉に張りが出たために、前日練習から別メニューだったとか。

 内田の代役候補が複数いる鹿島にとって、これは痛くも痒くもない問題だ。4日後にはACLのアウェー戦対シドニーFC戦も控えている。層の厚い鹿島が、開幕週に84分プレーし、筋肉に張りが出た選手を休ませたことに特別、違和感は抱かない。

 しかし、手術した右膝の具合はどうなのかという疑念は湧く。もし回復しているなら、日本代表に復帰して欲しいとの願いもある。彼に対してどこまで期待を抱いていいのか。整理したい思いもある。

 鹿島は内田がいなくても優勝争いには十分絡む。必要なのは日本代表の方だ。内田がフィットした状態にあるなら即戦力。僕がハリルホジッチなら、右サイドバック(SB)は迷うことなく内田で行くだろう。

つづく

2018年3月6日 20時51分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14395798/

引用スレ:http://tekito.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1520435229/l50

“【サッカー】<内田篤人が持つ、日本代表に欠けている要素>国際舞台で気負うことなく平常心でひょうひょうとプレー” の続きを読む