【サッカー】<ウクライナ戦のスタメン予想>CFは杉本で確定!左ウイングは満を持して原口か 右ウイングはもしかすると本田ではなく…

1 :Egg ★:2018/03/27(火) 06:46:10.29 ID:CAP_USER9.net

予想フォーメーション

結果を求めるなら4バックは“ガチメンバー”
 
ウクライナ戦の前日会見でヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「結果を求める」と言っていた。
ならば、GKは経験豊富な川島永嗣で決まり。また4バックの最終ラインも“ガチメンバー”なら、右から酒井高徳、昌子源、槙野智章、長友佑都となる。
 
サイドバック組では、右膝を痛めている宇賀神友弥が前日練習で別メニュー。右足に不安を抱える遠藤航もスタメンは微妙だろう。
ただ、テストを重視した場合は森重真人と植田直通の両CBが、さらに左SBで車屋紳太郎が先発する可能性もあるが、
指揮官自身が「ワールドカップの出場がかかる試合という感じで戦う」とコメントしているだけに、“ガチメンバー”で臨みそうだ。
 
ボランチでは、マリ戦で左足を負傷した大島僚太が前日練習で別メニュー。陣形的にマリ戦と同じダブルボランチで戦うなら、長谷部誠と山口蛍がスタメンの有力候補だ。
前回の試合で途中出場だった山口は2試合続けてベンチスタートはないはずで、マリより格上と目されるウクライナに勝つには長谷部のバランス取りも不可欠だ。
 
中島翔哉のフル代表初ゴールをアシストした三竿健斗にもチャンスがないわけではないが、中盤でのボール捌きやポジショニングにおいて長谷部の領域にはまだまだ達していない。出番があるとしても途中からだろう。

トップ下はマリ戦で使われなかった柴崎岳が先発候補の最右翼。森岡亮太がマリ戦でそこまでアピールできなかっただけに、ここで活躍できればハリルホジッチ監督の信頼も掴めるはずだ。
ウクライナ戦の最大のポイントは“どうゴールをこじ開けるか”であり、トップ下のゲームメイクは見どころのひとつになる。
 
大迫勇也が内転筋を痛めているCFは、杉本健勇で決まりだろう。3月25日の囲み取材では、「途中出場と試合の頭から行くのは全然違うので、もし次にスタメンで出ることができたら、
イメージしていることはたくさんあるのでそれを表現したい」「次の試合しか考えていないし、そこでチームとしても勝たなあかん」とかなり気合が入っている。
 
なにより勝利が求められるウクライナ戦では、この杉本のパフォーマンスが試合の行方を左右する可能性はある。
大迫とはまた違った持ち味で決定的な仕事ができれば、自身初のワールドカップ出場に向けて大きな弾みとなるだろう。
 
左ウイングは満を持して原口元気か
 
左ウイングは、マリ戦でベンチを温めた原口元気で確定か。今冬に加入したデュッセルドルフで攻撃のイメージが良くなり、フィジカルコンディションも高まっているため、期待できる。左サイドでの激しい上下動がチームに躍動感をもたらすか、大いに見物だ。
劇的な同点ゴールで一躍ヒーローになった中島は先発こそ難しいかもしれないが、マリ戦に続いてチャンスを与えられるはずだ。持ち前のドリブルで相手DFを切り裂くかは注目ポイントのひとつである。
 
右ウイングは久保裕也、本田圭佑の争いだが、もしかすると宇佐美貴史が起用される可能性もある。本田が「マリ戦よりは時間的にチャンスをもらえるはず」とコメントしていたのでスタメンとしたが、正直、予想が難しい。
どんなスタメンで臨むにせよ、内容以上に求められるのは結果だ。ここで負けるようだと、選手もチームもネガティブな空気に呑み込まれてしまうだけに、貪欲に勝利を目指したい。

取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

3/27(火) 5:30配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180327-00037725-sdigestw-socc

【サッカー】<本田圭佑>右FWで先発濃厚!「基礎に戻るところ」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1522099485/

引用スレ:http://tekito.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1522100770/l50

“【サッカー】<ウクライナ戦のスタメン予想>CFは杉本で確定!左ウイングは満を持して原口か 右ウイングはもしかすると本田ではなく…” の続きを読む

【サッカー】<本田圭佑>ベンチスタート濃厚…紅白戦で控え組の右FWに

1 :Egg ★:2018/03/23(金) 07:43:29.36 ID:CAP_USER9.net

 サッカー・日本代表ベルギー遠征(22日、リエージュ)昨年9月以来、6カ月ぶりに代表復帰したFW本田圭佑(31)=パチューカ=は、マリ戦でのベンチスタートが濃厚となった。交代枠は6。途中出場の可能性は高く、好調さをアピールする。

 FW本田は、マリ戦でのベンチスタートが濃厚。21日の紅白戦では控え組の右FWに入った。

 「2試合のどちらかでチャンスはもらえる。そこで何かインパクトを残さないと(W杯メンバー入りは)厳しい」

 メキシコでは今年に入って12試合で4得点6アシスト。ACミラン(イタリア)で出場機会を失っていた時期に比べ、絞った体に切れが戻った。自身3度目のW杯に向け「選ばれるだけでは意味がない。勝つためにやってきた」と言い放つ。一方、移動の選手バス内では周囲にいじられる役回り。DF槙野は「(本田は)盛り上げ隊長。最高のムードメーカー」と復帰を歓迎した。

 「監督が理想とするタイプではないのは百も承知。一応、ここまで盛り返してきた」と本田。マリ戦の交代枠は6。本田に途中出場のチャンスは十分にある。強気な姿勢で、自分の居場所を勝ち取るだけだ

3/23(金) 7:00配信 サンスポ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180323-00000010-sanspo-socc

引用スレ:http://tekito.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1521758609/l50

“【サッカー】<本田圭佑>ベンチスタート濃厚…紅白戦で控え組の右FWに” の続きを読む

【サッカー】本田圭佑、絶妙FKでアシストもパチューカはドロー…5試合ぶり勝利逃す/リーガMX後期第12節

1 :久太郎 ★:2018/03/18(日) 14:02:40.93 ID:CAP_USER9.net

■リーガMX第12節 ネカクサ 1-1 パチューカ

ネカクサ:ダビリャ(70分)

パチューカ:グティエレス(36分)

リーガMX後期第12節が17日に行われ、ネカクサとパチューカが対戦した。

パチューカはここ4試合勝利がなく、前節は5失点の大敗。先日日本代表復帰を果たした本田には5試合ぶりの勝利をもたらす活躍が求められる。

19分には本田のFKから頭で合わせて先制点かと思われたが、オフサイドで取り消しに。それでも36分、同じ角度のFKから今度はキャプテンのエリック・グティエレスが華麗なバックヘッドでネットを揺らす。本田は正確な左足でアシストを記録した。

後半に入っても本田はカットインから左足のミドルシュートでゴールを脅かし、パスワークでも中心となりながら、攻撃陣をけん引する。

しかし、70分に痛恨の失点で同点とされる。その後、スコアが動くことはなく1-1で試合は終了。パチューカは5試合ぶりの白星を手にすることはできなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180318-00000011-goal-socc

引用スレ:http://tekito.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1521349360/l50

“【サッカー】本田圭佑、絶妙FKでアシストもパチューカはドロー…5試合ぶり勝利逃す/リーガMX後期第12節” の続きを読む

【サッカー】<内田篤人が持つ、日本代表に欠けている要素>国際舞台で気負うことなく平常心でひょうひょうとプレー

1 :Egg ★:2018/03/08(木) 00:07:09.02 ID:CAP_USER9.net

Jリーグが開幕して2週が経過した。こちらがあるメディアで降格候補と予想したサンフレッチェ広島が2連勝。かと思えば、昨季13位から6位にジャンプアップしたその反動はないだろうと予想したジュビロ磐田が2連敗したり、予想屋(?)泣かせの事象も起きている。

 しかしこれはトーナメント戦ではない。長丁場のリーグ戦。探るべきは、いまから32試合後に笑うチームだ。

 ひとつの物差しとなるのは、試合後半の戦い方だ。サッカーは時間の経過とともにオープンな展開になる。中盤が間延びし、撃ち合いになる。レベルの低い試合ほど、早い時間からそうなる。
 
 その原因を作ったチームが勝利を収めれば、それは偶然の産物だ。次戦以降はあまり期待が持てないという話になる。

 Jリーグで最後まで崩れにくいチーム、中盤が間延びしにくいチームはどこか。昨年同様、鹿島は、開幕第2週対ガンバ大阪戦でも、終盤に行けば行くほど締まった戦いをした。決勝ゴールが生まれたのは後半33分。野球で言えば、8回の裏に1点取って逃げ切るパターンだが、これこそが鹿島が得意とする勝ち方だ。終盤まで0-0で推移すれば、試合は鹿島のもの。そうしたムードが出来上がっている。

 サッカーそのものの質に加えて特筆すべきは、交代選手のレベルが高いことだ。交代選手が試合を締める。レベルの維持に貢献している印象だ。理由は分かりやすい。選手の層が厚いからだ。ベンチに座るメンバーを、すべてピッチに送り出してもプレーのレベルは低下しそうにない。総合力が高いのだ。

 その点で鹿島は川崎Fを上回る。そのうえ今季のJリーグは、6月から7月にかけておよそ1ヶ月半中断される。ロシアW杯のために。よって日程はとてもタイトだ。週に2試合こなすこともザラだ。それにアジアチャンピオンズリーグ(ACL)や、国内のカップ戦が加われば、モノを言うのは選手層になる。シーズン前に鹿島を優勝候補に推したそれこそが一番の理由である。

 今季、鹿島に加入した一番の大物は、他ならぬ内田篤人だ。開幕第1戦の清水戦(アウェー)では、さっそく先発を飾り、鹿島ファンのみならず出身高校(清水東)がある清水のファンも喜ばせた。

 しかし、内田はフルタイム出場しなかった。後半39分、ペドロ・ジュニオールと交代でベンチに下がった。その時スコアは0−0。格上の鹿島としては、アウェーとはいえ、是が非でも1点が欲しい状況だった。

 サイドバックを下げフォワードを投入する、試合終盤におけるこの交代。一般的には納得できる順当な交代だが、内田に対して少なからず懐疑的な目を向けたくなるこちらには、少々気になる交代でもあった。

 翌、第2週、ホームでガンバ大阪と対戦した鹿島のスタメンに、内田の名前はなかった。筋肉に張りが出たために、前日練習から別メニューだったとか。

 内田の代役候補が複数いる鹿島にとって、これは痛くも痒くもない問題だ。4日後にはACLのアウェー戦対シドニーFC戦も控えている。層の厚い鹿島が、開幕週に84分プレーし、筋肉に張りが出た選手を休ませたことに特別、違和感は抱かない。

 しかし、手術した右膝の具合はどうなのかという疑念は湧く。もし回復しているなら、日本代表に復帰して欲しいとの願いもある。彼に対してどこまで期待を抱いていいのか。整理したい思いもある。

 鹿島は内田がいなくても優勝争いには十分絡む。必要なのは日本代表の方だ。内田がフィットした状態にあるなら即戦力。僕がハリルホジッチなら、右サイドバック(SB)は迷うことなく内田で行くだろう。

つづく

2018年3月6日 20時51分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14395798/

引用スレ:http://tekito.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1520435229/l50

“【サッカー】<内田篤人が持つ、日本代表に欠けている要素>国際舞台で気負うことなく平常心でひょうひょうとプレー” の続きを読む

【サッカー】コンサドーレ札幌ペトロ監督、3失点完封負けに怒り 公式戦初勝利ならず「8人交代できるなら8人交代していた」

1 :首しめ坂 ★:2018/03/08(木) 07:47:41.42 ID:CAP_USER9.net

【札幌】ペトロ監督、3失点完封負けに怒り 先発総入れ替えも公式戦初勝利ならず
3/8(木) 7:13配信
スポーツ報知

◆YBCルヴァン杯グループステージ第1節 ▽B組 甲府3―0札幌(7日・山梨中銀スタジアム)

北海道コンサドーレ札幌はアウェーでJ2の甲府に0―3で敗れ、今季から指揮を執るミハイロ・ペトロヴィッチ監督(60)体制でのJ公式戦初勝利はならなかった。
リーグ戦から先発全員を入れ替えた中の完敗に指揮官も「札幌に就任してから最も出来の悪い試合」とバッサリ。
リーグ戦での定位置奪取を狙った選手たちは、アピールすることはできなかった。

試合後の会見でペトロヴィッチ監督からは、静かな口調の中にも“怒り”が感じられた。前半、立て続けに2失点。
「ハーフタイムで8人交代できるなら8人交代していた」と後半開始時に3選手を交代。交代枠を使い切り、勝負に出た。
しかし、さらに1点を失い、カテゴリーが下の甲府に完敗。
「私が札幌に就任してから最も出来の悪い試合だった。もう何点か入っていてもおかしくなかった」と厳しい言葉を並べた。

開幕から2試合連続同じだったリーグ戦のメンバーから先発11人全員が入れ替わった。リーグ戦では先発平均年齢が24・18歳だったが、この日は31歳ちょうど。
11人中8人が30歳超えとなった中、リーグ戦への定位置奪取へイレブンの気合は十分なはずだった。

ここまでリーグ戦2試合ともベンチ入りしながら出番がなかった日本人エースのFW都倉賢(31)も前半から、積極的にシュートを放っていったが、ゴールは遠い。
「こんな試合をやっていたら次のチャンスはない。自分たちを見つめて次への原動力にしなくてはいけない」と猛省した。
右膝を負傷した2016年6月4日の千葉戦以来641日ぶりのJ公式戦での先発だったDF稲本潤一(38)と、
ボランチでゲームメイクしたMF小野伸二(38)は前半のみでピッチを退いた。

「きょう戦った選手たちももっとできると思っている」と指揮官は話す一方で、「結果を残した人が生き残っている」とキッパリ。
次戦はリーグ戦ホーム開幕となる清水戦。試合後、敵地に駆けつけたサポーターからは、「ここからだぞ!」といった言葉が響いた。
新体制J初勝利へチームとして切り替えていくしかない。(古川 浩司)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180307-00000242-sph-socc

関連スレ
【サッカー】ルヴァン杯第1節結果、浦和4-1名古屋、広島4-0G大阪、甲府3-0札幌、清水1-0磐田,仙台1-1新潟、湘南1-0鳥栖
https://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1520426052/

引用スレ:http://tekito.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1520462861/l50

“【サッカー】コンサドーレ札幌ペトロ監督、3失点完封負けに怒り 公式戦初勝利ならず「8人交代できるなら8人交代していた」” の続きを読む