【サッカー】<なでしこJAPAN>川澄奈穂美が2年ぶりに復帰! 4月に行われるW杯予選メンバー発表

1 :Egg ★:2018/03/19(月) 18:50:43.03 ID:CAP_USER9.net

日本サッカー協会は19日、ともに4月に行われるガーナとの国際親善試合(4月1日、トラスタ)と、
来年フランスで開催されるワールドカップ(W杯)の出場権を懸けた女子アジア杯(4月6〜20日、ヨルダン)に臨む女子日本代表「なでしこジャパン」のメンバー23人を発表し、
2011年W杯ドイツ大会世界一メンバーでもあるFW川澄奈穂美(32=シアトル)が高倉麻子監督(49)の就任後初めて招集された。

川澄の代表復帰はリオデジャネイロ五輪出場を逃した16年3月の五輪アジア最終予選以来2年ぶり。

 高倉監督は川澄について「ずっと注目して追いかけていた選手。チームの若返りを図る中で若手にチャンスを与えてきたが、点を取る、
ゴールに向かっていくという中で物足りなさが残った。急な合流となるが、経験もあるし、勝負強さも持っている。

チームがふらついた時、オフの時にもしっかり締めて欲しい」とピッチ内外での川澄の存在感に期待を寄せ、
アジア予選に向けては「まずはW杯出場を決め、目指すは大会2連覇。強い気持ちを持って臨みたい」とW杯連覇に意欲を見せた。

アジア杯1次リーグB組の日本は、4月7日にベトナム、同10日に韓国、同13日にオーストラリアとそれぞれ対戦する。

なでしこジャパンのメンバーは以下の通り。

【GK】池田咲紀子(浦和)、山下杏也加(日テレ)、平尾知佳(新潟)

【DF】鮫島彩(INAC神戸)、有吉佐織(日テレ)、宇津木瑠美(シアトル・レイン)、熊谷紗希(リヨン)、高木ひかり(ノジマステラ神奈川相模原)、三宅史織(INAC神戸)、清水梨紗(日テレ)、市瀬菜々(マイナビ仙台)

【MF】阪口夢穂(日テレ)、中島依美(INAC神戸)、猶本光(浦和)、中里優(日テレ)、増矢理花(INAC神戸)、隅田凜(日テレ)、長谷川唯(日テレ)

【FW】川澄奈穂美(シアトル・レイン)、菅沢優衣香(浦和)、岩渕真奈(INAC神戸)、横山久美(フランクフルト)、田中美南(日テレ)

3/19(月) 14:33配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180319-00000132-spnannex-socc

写真

日本サッカー協会
http://www.jfa.jp/news/00016627/

MS&ADカップ2018(4/1@トランスコスモススタジアム長崎) vsガーナ
AFC女子アジアカップヨルダン2018(4/6〜20@ヨルダン)

引用スレ:http://tekito.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1521453043/l50

“【サッカー】<なでしこJAPAN>川澄奈穂美が2年ぶりに復帰! 4月に行われるW杯予選メンバー発表” の続きを読む

【野球】大谷 4打数無安打で13打席連続快音なし 打率1割切る

1 :豆次郎 ★:2018/03/19(月) 07:57:59.20 ID:CAP_USER9.net

3/19(月) 7:50配信
大谷 4打数無安打で13打席連続快音なし 打率1割切る 

 エンゼルスの大谷が18日(日本時間19日)、レンジャーズ戦で「7番・DH」で出場し4打数無安打だった。

 2回、先頭で昨季13勝左腕のペレスの直球を打ち損じ、二塁手の悪送球で出塁(記録は失策)。続く3回1死三塁のチャンスではバットを折られ、投直併殺に倒れた。

 7回は昨季70試合に登板し防御率2・50の変則サイド左腕クラウディオと対峙(たいじ)したが、2ボール2ストライクから最後は外角67マイル(約108キロ)のカーブに手が出ず見逃し三振を喫した。8回もマイナーリーグの左腕投手と対戦したが空振り三振に仕留められた。

 この日は対戦した3投手全てが左投手で結果を残すことができなかった。

 これで実戦9試合で23打数2安打、打率・083、本塁打なし、打点1。13打席連続無安打となり、左投手に対しては10打席に立ち一度も安打を打てていない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180319-00000088-spnannex-base

引用スレ:http://tekito.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1521413879/l50

“【野球】大谷 4打数無安打で13打席連続快音なし 打率1割切る” の続きを読む

【サッカー】ヴィッセル神戸、最低賃金844円(兵庫県)を下回る800円で「事務スタッフ」募集…すでに訂正済み

1 :首しめ坂 ★:2018/03/14(水) 18:07:32.32 ID:CAP_USER9.net

ヴィッセル神戸、最低賃金を下回る条件で「事務スタッフ」募集…すでに訂正済み
3/14(水) 10:19配信
ゲキサカ

ヴィッセル神戸(楽天ヴィッセル神戸株式会社)は13日、公式サイトにアルバイト・パートスタッフの募集を告知した際、
兵庫県の最低賃金を下回る時給800円という雇用条件を提示していた。現在は訂正されている。

募集していたのは「総務・経理部門の事務作業全般」を担当する事務スタッフと、
「販売・イベント業務全般・PC軽作業」を担当するショップスタッフ。
当初の発表では事務スタッフが「時給:800円〜」、ショップスタッフが「時給:900円〜」と記載されていた。

厚生労働省兵庫労働局によると、兵庫県の最低賃金は1時間あたり税込み844円。
「兵庫県内の事業場で働くすべての労働者について、この兵庫県最低賃金が適用されます」としている。
なお、直近の改定前は819円で、仮に800円で採用した場合は2016年度以前の水準にあたる。

これを受けて、ツイッターでは「最低賃金以下では?」「安すぎないか?」などと話題となっていた。

神戸はその後、プレスリリースを書き換え、「先ほど掲載したニュースの内容に一部誤りがありました。
あらためて訂正したニュースを掲載させていただきます」と説明。現在は事務スタッフ、ショップスタッフともに「時給:900円以上」と記載されている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180314-01651467-gekisaka-socc

引用スレ:http://tekito.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1521018452/l50

“【サッカー】ヴィッセル神戸、最低賃金844円(兵庫県)を下回る800円で「事務スタッフ」募集…すでに訂正済み” の続きを読む

【サッカー】<宇佐美貴史の4試合連続弾に絶賛の嵐!>「価値あるゴール」「2万8千人のファンを魅了した」

1 :Egg ★:2018/03/12(月) 06:40:59.70 ID:CAP_USER9.net

1部昇格に前進する価値ある勝利。

宇佐美貴史の勢いが止まらない。4試合連続ゴールを決め、現地メディアの話題をさらっている。
 
 現地時間3月11日に行なわれたドイツ・ブンデスリーガ2部第26節のデュイスブルク対デュッセルドルフ戦、3試合連続で先発起用された宇佐美に見せ場が訪れたのは、1点リードで迎えた88分だった。
 
 相手ゴール前でダボル・ロブレンからの横パスを受けた宇佐美は、右足を一閃。相手GKの股下を見事に射抜いて追加点を奪ったのだ。
 
 その後、デュッセルドルフは1点を返されたが、逃げ切りに成功。自身4試合連続となる殊勝な一発でチームを勝利に導いた宇佐美を、現地メディアは絶賛している。

【動画】宇佐美が4戦連続弾! 相手GKの股間を抜く鮮烈ゴールをチェック!
http://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=36873

 
 地元紙『Rheinische Post』は高得点の「2」をつけたうえで、「前半は右サイドでスムーズさを欠いたが、後半に距離のある位置からのショットを見事に沈めた。リードを広げた意味でも価値のあるゴールだ。また、同胞のゲンキ・ハラグチとも良好な関係性を築けている」と寸評を綴った。
 
 さらに同紙は、同じく先発としてピッチに立った日本代表MFの原口元気も含め、「ハラグチとウサミは日本の翼だ。デュイスブルクの守備陣に、何度も果敢に挑み続けた」と、そのパフォーマンスを讃えている。
 
 また現地紙『Westfälische Nachrichten』は、「デュッセルドルフが1部昇格へステップアップ」と勝利を称えたうえで、決勝点を決めた宇佐美を「そのゴールで2万8000人の観客を魅了した」と褒めちぎっている。
 
 現在、自動昇格圏外の3位キールに勝点11差をつけて首位をひた走るデュッセルドルフ。はたして、このまま快走を続けて2012-13シーズン以来の1部昇格と2部制覇という二兎を得られるだろうか? その鍵を握っていると言っても過言ではない宇佐美と原口には、今後も大いに注目したい。

3/12(月) 6:30配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180312-00036873-sdigestw-socc

写真

引用スレ:http://tekito.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1520804459/l50

“【サッカー】<宇佐美貴史の4試合連続弾に絶賛の嵐!>「価値あるゴール」「2万8千人のファンを魅了した」” の続きを読む